【総まとめ】Suicaのチャージができる場所一覧

電子マネー

Suicaカード・モバイルSuicaのチャージができる場所を一覧形式でまとめたページです。

駅やコンビニだけでなく、量販店やビューATMからもチャージができます。

また、モバイルSuicaをお使いであれば、ネットからもチャージができます。

利用しているSuicaの種類や使っている場面に応じて、チャージ方法を使い分けましょう!

Suicaのチャージができる場所

【ここでのポイント】

  1. 駅の券売機
  2. 多機能券売機
  3. のりこし精算機
  4. コンビニ
  5. 一部の量販店
  6. VIEW ATMコーナー(VIEW ALTTE)

 

Suica(カード)のチャージができる場所は、6つあげられます。

駅の券売機はもちろんですが、コンビニや量販店(一部)、ATMコーナーでもチャージができます。

ここからは、それぞれの場所でSuicaカードをチャージする方法を確認していきます。

1.駅の券売機(多機能券売機)

もっとも定番の方法ではないでしょうか?

券売機にSuicaカードを入れる▶チャージを選択する▶チャージ額を選択し入金する

この手順でSuicaカードへのチャージが完了します。

通勤・通学で毎日駅を利用する方にとっては手軽な方法ですが…

駅に用事がない方にとっては面倒な方法ですよね。

そんな方はコンビニなどでSuicaにチャージをしましょう。

2.のりこし精算機

あまり使う機会のない「のりこし精算機

残高不足などで自動改札が開かない時などに利用するものです。

どこの駅でも、改札近くに設置してあります。
(黄色い券売機と覚えておけばOK)

Suicaカードのチャージする手順は、通常の券売機や多機能券売機と同じです。

Suicaカードを入れる▶チャージを選択する▶チャージ額を選択し入金する

これでチャージが完了します。

3.コンビニ

全国どこにでもある「コンビニ」でも、Suicaカードへのチャージができます。

モバイルSuicaへのチャージにも対応しているので、使い勝手でいえば一番いいかもしれません。

買い物をするついでにチャージができますからね。

方法は下記の通り。

店員さんに「Suicaのチャージをお願いします」と言う▶Suicaをリーダーにかざす▶入金額を選択し現金で支払う

これでチャージは完了です。

4.一部の量販店

コンビニだけではなく、一部の量販店でもチャージが可能です。

Suicaカードのチャージに対応している量販店が以下の通りです。

【スーパー】
イオン/ピーコックストア/まいばすけっと/ピアゴ

【家電量販店】
ビックカメラ/コジマ/ソフマップ

【ドラッグストア】
ツルハドラッグ/くすりの福太郎/ESSO

 

5.VIEW ATMコーナー(VIEW ALTTE)

主要な駅に設置してある「VIEW ALTTE:ビューアルッテ

いわゆる”駅のATM”ですね。

JRが提供しているATMというだけあって、利用できるサービスは「Suica」の設定などがメインになっています。

  • Suicaへのチャージ
  • オートチャージの設定・変更・停止
  • ポイントをSuicaに交換

この他、提携金融機関の預貯金引出し・残高照会も利用できます。

モバイルSuicaのチャージができる場所

【ここでのポイント】

  1. コンビニ
  2. Suicaインターネットサービス
  3. クレジットカード
  4. キャリア決済
  5. オートチャージ

 

次に「モバイルSuica」のチャージができる場所を見ていきます。

おサイフケータイが普及したことに伴い、モバイルSuicaの利用者も徐々に増えています。

私も最初はなんだか抵抗がありましたが…

一度使い始めたら、もうクセになりますね。

ただ、スマホのバッテリーがなくなったら使えないというデメリットもあります。

通常のSuicaと使い分けるのが正しい使い方かもしれませんね。

では、チャージできる場所を確認していきましょう。

1.コンビニ

通常のSuicaと同じく、コンビニでチャージすることができます。

レジに行く▶モバイルSuicaにチャージしたいと伝える▶チャージ額を選択し現金で支払うスマホのFeliCa部分をリーダーにかざす▶

これでモバイルSuicaへのチャージが完了します。

ただし、FeliCaがロックされているとチャージできません。

チャージする前に必ずFeliCaのロックを解除しておきましょう。

2.Suicaインターネットサービス

駅やコンビニに行かなくても、ネット環境さえ整っていれば自宅からモバイルSuicaにチャージできます。

ただし、Suicaインターネットサービスを利用するためには「My JR-EAST ID(無料)」を取得する必要があります。

また、FeliCaポート/PaSoRi(パソリ)というパソコン用のカードリーダーを準備する必要もあります。

いちいち準備する手間を考えると、コンビニでチャージする方が簡単に思えますね。

3.クレジットカード

モバイルSuicaであれば、どのクレジットカードからでもチャージができます。

手順が下記の通り。

モバイルSuicaアプリをインストール▶会員登録をしてログイン▶アプリ内の「入金(クレジットカード)」を選択▶支払う

これでモバイルSuicaへのチャージが完了します。

ただし、事前にクレジットカードを登録しておく必要があります。

また、ビューカード以外のクレジットカードを利用する場合は「年会費が1,030円」かかります。

4.キャリア決済

  • docomo(ドコモケータイ支払い)
  • au(auかんたん決済)
  • SoftBank(ソフトバンクまとめ支払い)

 

キャリア決済でチャージをすれば、普段使っているスマホの代金と一緒に支払いができます。

ただし、2018年5月27日をもって「キャリア決済サービスによる入金(チャージ)」が終了となりました。
参考ページ▶▶【重要なお知らせ】東日本旅客鉄道株式会社/2018年1月31日

5.オートチャージ

首都圏にお住まいの方にとっては定番の方法かもしれませんね。

SuicaもしくはPASMO対応エリアでしか、オートチャージ機能が利用できません。

なので、日本全国どこでも利用できるわけではありません。

ただ、使える地域にお住まいであれば、めちゃくちゃ便利な機能です。

モバイルSuicaでオートチャージを利用するためにはクレジットカードが必要

モバイルSuicaでオートチャージを利用するためには、クレジットカードを準備する必要があります。

オートチャージに対応しているクレジットカードが限られているので、その点がデメリットではありますね。

オートチャージに対応しているクレジットカード

年会費通常
還元率
Suicaチャージ
還元率
ブランド
ビュー・スイカ477円0.5%1.5%VISA/JCB/Master
ビックカメラSuica
  • 初年度無料
  • 2年目以降477円
    (年1回でも利用すれば無料)
1.0%〜10%1.5%VISA/JCB
ルミネカード
  • 初年度無料
  • 2年目以降953円
0.5%〜5.0%1.5%VISA/JCB/Master
JALカードSuica
  • 初年度無料
  • 2年目以降2,000円
0.5%1.5%JCB
アトレビューSuica
  • 初年度無料
  • 2年目以降477円
0.5%〜1.5%1.5%VISA
ビューゴールドプラス10,000円0.5%1.5%JCB 

 

「VIEWカード」を利用すればオートチャージができるのですが…

VIEWカードといっても、種類がたくさんあります。

中でもおトクなのは「ビックカメラSuica」です。

ポイント還元率が高いですし、2年目以降は年に1回でも利用すれば年会費が無料になります。

また、ビックカメラで買い物をすればポイント還元率が10%になります。

モバイルSuicaを愛用するのであれば、ビックカメラSuicaとの相性がバツグンです。

モバイルSuicaでオートチャージを設定する方法

  1. モバイルSuicaにログイン
  2. マイページから「SF電子マネー」に進む
  3. 「5.オートチャージ設定」に進む
  4. 「1.オートチャージ申込/変更」を選択
  5. 自動的にチャージされる金額を選択
  6. 最後に「申込/変更する」を押す

 

オートチャージの設定方法はこのようになっています。

詳しい手順はモバイルSuicaの公式ページで解説されているので、参考にしてみてください。
参考▶▶モバイルSuicaを使う

コメント