【スタバ】クレジットカードでの支払いが断然おトク!電子マネーも使えます

カフェ・喫茶店

Macを開いてドヤドヤするおじさんや、SNSにのせる写真を撮影する女子たちの憩いの場「スターバックス」

私も毎日のようにスタバに通っています。

そのため、常連さんたちとも顔を合わせるのですが…ほとんどのお客さんが「現金払い」なんですよね。

頻繁に通うなら、クレカや電子マネーで支払えばいいのに…と思ってしまいます。

【はじめに】内容をざっくりまとめると・・・

  • レジで「クレカでお願いします」と伝えるだけでOK
  • クレカで支払えばクレカのポイントが貯まる
  • スタバ愛用者なら「スターバックスカード」を作った方がいい

スタバでクレカ払いをするメリット・デメリット

メリット
  • ポイントがたまる
  • 支払いがスムーズ
  • スターバックスカードへのチャージもできる
デメリット
  • 数百円の支払いをカードでするのは抵抗がある
  • カードが利用停止になっていると支払いができない

クレカ払いのメリット・デメリットを簡単にまとめた表がこちらです。

クレカ=大きな買い物をする時に使うもの、というイメージがあるかもしれません。

でも、普段の買い物でも重宝できます。

使うほどにポイントがたまりますし、たまったポイントは日用品などと交換できます。

ただ、利用額を把握していないと、油断して使いすぎる恐れがあります。

なので、使いすぎには注意したいところです。

なんだかんだ言って、クレカ払いは一番おトクな支払い方法

毎日行くわけじゃないけど、友だちと遊んだ時や出かけた時なんかはスタバに行く。

そんな時の一番おトクな支払い方法は<クレジットカード>です。

「たまにしか行かないしから、現金でいいや…」と思っていませんか?

確かに、数百円程度の支払いをクレカでするのは、ちょっと抵抗があります。

私も最初はそうでした。

でも、クレカ払いに慣れると現金で払うのがとても面倒になります。

クレカを利用するたびにポイントが貯まりますし、支払いもスムーズに行えます。

貯まったポイントは日用品やギフトカードに交換できます。

スタバだけではなく、普段の買い物でも使えてポイントが貯まる。しかもポイントは交換できる。

節約志向の方にはもってこいです。

また、盗難や紛失、不正利用などの心配もありますが…

クレカは「盗難・紛失補償」が付帯されています。

なので、万が一盗難されて不正利用されたとしても、クレカ会社から補償を受けられます。

スタバでクレジットカード払いをする方法

スタバでクレジットカード払いをする方法は非常に簡単です。

  1. ドリンクやフードを注文する
  2. 「◯◯◯円です」という合計金額を聞く
  3. 「クレカ(カード)でお願いします」と伝える
  4. クレカを店員に渡す
  5. 支払い完了

 

これでOKです。

ただ、方法は簡単なのですが…ちょっと緊張します。

私もスタバ愛用者なのですが、クレカを使うまでは現金で支払いをしていました。

でも、毎日のようにスタバに通っているから「どうにかしておトクに通えないかな?」と思い始めたんです。

で、考えついたのが<クレカで支払う>という方法です。

ただ、毎日現金で払っていたから、いきなりクレカで支払うのはちょっと躊躇しました。

「店員さんになんて思われるんだろう?」とか「私もそのクレカ使ってます〜って言われたらどうしよう…」と思ってしまって。

※自意識過剰だろっていうツッコミはなしでお願いします。

でも、躊躇したのは最初だけでした。

2回目からはただカードを出すだけで支払いができたので、かなりの時短になりました。

スムーズな支払いができる=スマートな大人っていう自信も付きましたし。

現金で支払いをしている人をみると「まだ現金で消耗してるの?」と思ってしまいます。

クレジットカード以外の支払い方法について

  1. 現金
  2. スターバックスカード(電子マネー)
  3. スターバックスカード(アプリ)
  4. その他電子マネー
  5. デビットカード

 

クレジットカード以外の支払い方法としては、これらの方法があります。

クレカを使う機会が多いなら「クレカ」で払うのが一番ですし、頻繁に通っているなら「スターバックスカード」で支払うのもオススメです。

次に、各支払い方法について詳しく見ていきます。

1.現金

確認する必要もありませんね。定番中の定番の方法です。

ただ、クレカや電子マネーでの支払いに慣れてくると、現金で支払うのが面倒になります。

また、現金で払っている人を見ると「なんでこの人たちはクレカとか電子マネーを使わないんだろう?」と思ってしまいます。

スタバなんてたまにしか来ないから、クレカやスターバックスカードで支払う必要なんてない〜と思ってるんですかね?

もしくはクレカが使えることを知らないとか?

う〜ん…もったいない。

小銭入れから100円玉を何枚も取り出すより、クレカをサッと出した方が簡単なのに。

2.スターバックスカード(電子マネー)

スターバックスで使えるプリペイドカードですね。

「スターバックスカードを作りたいのですが…」と店員さんに伝えれば、その場でササッと作れちゃいます。

ちなみに、スターバックスカードのチャージ上限額は30,000円。

1,000円からチャージできます。

また、店舗でのチャージはもちろんですが、WEBページからもチャージできます。

3.スターバックスカード(スマホアプリ)

プリペイドカードだけでなく「スマホアプリ版」のスターバックスカードもあります。

正式名称は<スターバックスジャパン公式モバイルアプリ>です。

アプリでの支払い方法を確認すると…

  1. 事前にアプリをインストール&会員登録をしておく
  2. 注文をしたらアプリを起動して「Pay▶支払い」と進む
  3. バーコードが表示されるので店員さんに提示する
  4. リーダーでピッと読み取り支払い完了

 

という流れになっています。

こちらも店舗やWEBページでチャージができます。

ただ、スマホのバッテリーがゼロの状態だと、アプリでの支払いができない…というデメリットがあります。

使い勝手はバツグンにいいんですけどね。

バッテリーが少ない時は注意が必要です。

4.その他電子マネー

「au WALLET」や「ソフトバンクカード」といった電子マネーでも、スタバの支払いができます。

また、イオンに入っているスタバなら「WAONカード」が使える、駅の構内に入っているスタバなら「Suica」が使えるというように、立地条件によって対応している電子マネーも異なります。

5.デビットカード

VISAデビット/JCBデビットなどの「デビットカード」でも支払いができます。

クレジットカードでの支払いにも対応しているので、デビットカードにも対応していて当然ですね。

ちなみに、デビットカードとクレジットカードの違いを簡単に確認すると…

デビットカードクレジットカード
支払い方法都度払い
(即時払い)
後払い
支払い回数1回払いのみ
(リボ・分割不可)
分割・リボ払い可
利用可能額預金口座の残高および、
限度額の範囲内
限度額の範囲内
(審査の結果による)
キャッシング枠

大きな違いは支払い方法です、

デビットカードは即時引き落としで、クレカは後日引き落としです。

デビットカードの場合、口座残高が不足していると支払い回数ができません。

種類によっては「不足額の自動借入れサービス」もありますが…

油断して使いすぎる危険があるので、注意したいところですね。

スタバ愛用者ならスターバックスカードでの支払いがオススメ

毎日とまでは行かないけど、週1〜2日はスタバに行く日がある。

定期的にスタバを利用しているなら「スターバックスカード」での支払いがオススメです。

スターバックスカードでの支払いにかかる時間は、ものの3秒くらいです。

財布から小銭を出す手間が省けますし、小銭でかさばることもありません。

また、スターバックスカードへのチャージは店舗でもネットでもできます。

クレカを持っているなら、ネットからのチャージでポイントも貯まります。

クレジットカードでスターバックスカードにチャージする方法

  1. スターバックスカードを発行する
  2. My Starbucksに登録する
  3. 希望額をチャージする

 

通常のスターバックスカード(電子マネー)に、クレカでチャージする方法はこのようになっています。

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

1.スターバックスカードを発行する

まずやることは「スターバックスカードの発行」です。

最寄りのスターバックス店舗にいき、スターバックスカードを発行したいのですが…と伝えましょう。

すると、その場でカードを発行してくれます。所要時間は3〜5分くらいです。

発行してみるとわかるのですが、思った以上に時間がかかります。

お客さんが並んでいる時に発行すると、ほぼ間違いなく不快な思いをさせます。

なので、空いている時間帯に発行する、もしくは「スタバ公式アプリ」を利用しましょう。

2.My Starbucksに登録する

カードを発行すれば、店舗でチャージができます。

ただ、店舗でのチャージの場合「現金のみ」の支払いとなっています。

クレジットカードを使ってチャージをするためには、まず「My Starbucks」に登録する必要があります。

My Starbucksに登録する手順が次の通りです。

  1. My Starbuckの登録ページにアクセスする
    (スマホ・パソコンどちらでもOK)
  2. 新規会員登録(無料)の項目にある「My Starbucks会員登録」の緑ボタンをタッチ
  3. メールアドレスを入力し「会員登録(本登録)に進む」をタッチ
  4. 入力したメールアドレス宛てにメールが届くので、記載されているURLにアクセス
  5. 必要事項などをすべて入力
    (秘密の質問、ニックネーム、性別、都道府県、生年月日)
  6. スターバックスカード裏面の16桁の番号を入力する
  7. PIN番号を削って4桁の数字を入力する
  8. 本人確認情報を入力して登録完了
    (氏名、電話番号、住所)

 

こうやって見てみると面倒に感じますが…

実際にスマホ・パソコンを操作して進めていくと、5分くらいで登録は完了します。

3.希望額をチャージする

My Starbucksの登録が完了すれば、そこからクレカでチャージができます。

  1. My Starbucksのページから「Service & Login」に進む
  2. 「オンライン入金」のメニューに進む
  3. 必要事項をすべて入力する
    (入金額、クレジットカード情報、オートチャージの利用など)
  4. 確認画面で入力した情報を確認する
  5. 「入金する」をタッチすればチャージ完了

 

クレジットカードを使ってのチャージは、24時間365日受付けています。

なので、時間がある時にいつでも・好きなタイミングでチャージができます。

ただ、最低入金額は1,000円〜になっています。

また、チャージの上限額は30,000円です。

とはいえ、上限いっぱいまでチャージすることはほとんどありません。

3,000円〜5,000円くらいチャージしておけば事足りるでしょう。

アプリ版のスターバックスカードにクレカでチャージする方法

  1. スタバアプリをインストールする
  2. 新規会員登録をする
  3. スターバックスカードを新規発行する
  4. 希望額をチャージする

 

電子マネーだけでなく「スマホアプリ」でもスターバックスカードが利用できます。

スマホアプリの正式名称は<スターバックスジャパンモバイル公式アプリ>です。

では、アプリ版のスターバックスカードにチャージする方法を見ていきましょう。

1.スタバアプリをインストールする

まずは「スタバアプリ」をインストールしましょう。

iPhone/Androidともに「スタバ アプリ」と検索すれば一発ででてきます。

アプリをインストールする時は、Wi-Fiに接続することをオススメします。

キャリア回線でも問題なくインストールできますが、通信量がもったいないですからね。

2.新規会員登録をする

スタバアプリのインストールが完了したら「新規会員登録」を行います。

アプリから新規会員登録をする手順が次の通りです。

  1. アプリを起動して右下の「新規会員登録」の緑ボタンをタッチ
  2. 新規カード登録のための情報を入力する
    (ニックネーム、氏名、電話番号、住所など)
  3. 仮会員登録が完了し、入力したメールアドレス宛てにメールが届く
  4. メールに記載されているURLにアクセスする
  5. 「登録する」の緑ボタンをタッチ
  6. 秘密の質問と答えを設定する
  7. 会員登録完了

 

こちらも5分程度で完了する操作です。

画面に表示される指示通りに操作を進めていけば、問題なく登録が完了します。

3.スターバックスカードを新規発行する

まだスターバックスカードを発行していない場合は「新規発行」をしましょう。

アプリでスターバックスカードを新規発行する流れが次の通りです。

  1. 「Starbucks Cardを登録する」の緑ボタンをタッチ
  2. 「Digital Starbucks Cardを発行」の緑文字をタッチ
  3. 新規カード登録画面が表示されるので、必要事項を入力
    (ニックネーム、氏名、電話番号、住所など)
  4. アプリ上にスターバックスカードが発行される

 

発行した段階ではチャージがされていないため、残高は0円です。

続けてアプリ上でチャージを行いましょう。
(スタバの店舗でもチャージできます)

※既にスターバックスカードを持っている場合

既にスターバックスカード(電子マネー)を持っている場合は、そのカード情報を登録すれば、アプリで使えるようになります。

カード情報を登録する手順は非常に簡単です。

  1. 「Starbucks Cardを登録する」の緑ボタンをタッチ
  2. カード番号(16桁)とPIN番号(4桁)を入力
  3. カード情報を登録する

 

これでカード情報の登録が完了です。

残高がある場合はそのまま利用できますし、不足している場合はネットや店舗で簡単にチャージができます。

4.希望額をチャージする

私がスタバアプリ愛用者ということもあるので、実際の画面を見ながらチャージする方法を確認してみます。

1.「Service & Login」のメニューに進み「Starbucks Card」のボタンをタッチ

2.「オンライン入金」を選択

3.もう一度「オンライン入金」を選択

4.入金額やクレジットカード情報などを入力

5.オートチャージサービスを利用する場合は「利用する」にチェックを入れる
(設定はあとで変更できます)

6.「入金する」をタッチ

これでチャージが完了です。

お疲れ様でした。

スターバックスにオートチャージを設定する方法

頻繁にスタバに行くのであれば「オートチャージ」を利用することをオススメします。

読んで字のごとく、チャージ残高が一定額を下回ると、自動的にチャージをしてくれます。

入金条件は「1,000円/3,000円/5,000円」の3種類。

入金額(1回のオートチャージで入金する額)は「2,000円/3,000円/5,000円/10,000円」の4種類です、

利用頻度にもよりけりですが、入金条件は1,000円/入金額は3,000円〜5,000円が個人的には使いやすいです。

ちなみに、オートチャージの設定方法が下記の通りです。

1.カード管理のメニューから「オートチャージ設定」を選択

2.入金条件・入金額・支払い方法を選択
(支払い方法はクレカ・キャリア決済が選べます)

3.「設定する」をタッチ

これでオートチャージの設定が完了です。

お疲れ様でした。

コメント